ポケモンの休憩所

評価 - ダイヤモンド、パール、プラチナ

ポケモン

ポケモン数は493匹。前作のポケモンの進化系がかなり追加されました。 また、「フォルムチェンジ」が新登場。 この世代はミミロルとパチリスがマスコットキャラクター。 グレイシアも人気があります。

シナリオ、世界観

シンオウ地方は神秘的な世界観を押し出しているのではないかと思います。 3つの湖とそれを守るポケモンが中心となりシナリオは進みます。 ギンガの目的は、表向きは宇宙エネルギーの開発を謳っています。 裏では、神と呼ばれるポケモンの力を利用して現在の世界を破壊し、新たな世界を構築する事であり、 そしてその頂点にアカギが立つことが"真の目的"です。 ロケット団やマグマ団、アクア団と違い、カルト的な何かを感じます。

対戦環境

Wi-Fiの登場で、ネット対戦ができるようになり、対戦人口の増加に繋がりました。 ガブリアスが登場し、今作から環境の中心に居座ることに。 素早さ102と高い攻撃力と高めの耐久やタイプの組み合わせ。 今作は技ごとに、物理技と特殊技が分かれました。 また、こだわり系のアイテムが出揃い、相手の持ち物は何なのかというのをさらに意識せざるを得なくなったといえます。 インファイトやフレアドライブ、ブレイブバードといった高威力技の追加によって、受けが成立しなくなりました。

音楽

神秘的な世界観を引き出す音楽が多いのではないのかと思います。 メインダンジョンとなるテンガン山やもりのようかんなど、静かな曲が多いです。 3つの湖のBGMはシンオウ地方を代表するBGMだと思います。 あと、シロナのBGMとジムリーダー戦には燃えます。

追加要素

コンテスト、バトルタワーなど、前回から踏襲。 ちかつうろ廃人が生まれたとか。 GTSで、世界中の人とポケモンを交換できるようになりましたね。